如月トキヤの、世界に報いるニートの叫び

世界に報いるニートの叫び

失うものを持たない僕の遠吠えを聞け

【ユニクロセルビッジジーンズ穿き込み】ファーストウォッシュと乾燥機

5ヵ月半でついに初洗濯したUNIQLOジーンズの様子と、ウエストを縮ませようと乾燥機にぶち込んだ結果。

外干し途中で乾燥機へ

前回の記事で、洗濯後外で逆さ吊りにして干したところまで書いた。

事態が動いたのは、どれくらい乾いたか様子を見に行ったとき。みると、股下はほぼ乾ききり、ウエスト周辺のみ湿っていた。

 

ここでふと、ある思いを抱く。

「いま乾燥機にかければ、ウエストだけ縮ませられるんじゃないか?」

 

というのも、4ヶ月目の記事でも書いたがこのジーンズ少しウエストが緩い。

どうせ腰履きではあるけれど、腿周りのもたつきが少し気になる。

僕はユニクロでは、というかほとんどのジーンズで適正サイズの展開がなく、今回も1サイズほど大きいものを穿いている。

 

さすがにコインランドリーのガス乾燥機に入れるのは怖いので、家の洗濯乾燥機で少しずつ様子を見ながら乾かした。

「ぶち込む」と言いつつ、かなり過保護かもしれない...「理想の子」の型に押し込もうとするのが親心なんだとわかる。

 

乾燥途中で再び外干し

様子を見つつ乾燥機にかけていると、あることに気付く。

生地がふわっふわになっているのだ。

 

外干しで乾ききり、ピシッとした裾のあたりもへにゃへにゃしてきてしまった。ジーンズに乾燥機は初めて使ったが、こういう効果があったとは知らなかった。

コインランドリーのガス乾燥機を使う話はよく聞くから、家庭用のものだけかもしれないけど。

 

ふわふわの生地感が好きな人もいると思うが、僕は細身のジーンズは生地に硬さがあった方がシルエットがきれいに出て、体型を補正する力も強いと思っているので、これはいただけない。

再び外で自然乾燥に切り替えた。

 

が、生地に硬さは戻らず。

仕方ない、こっからは洗濯の頻度を増やして清潔穿きに切り替えていくから、次の洗濯まで我慢しよう。

早く洗いて―

 

洗濯後の様子

洗濯によってわずかに残っていたノリが落ち、色落ちしている部分がはっきりした。

思っていた以上に色落ちが進んでいる部分があって驚いた。

 

前から

ユニクロセルビッジジーンズファーストウォッシュフロント

せっかくシルエットが戻ったので、いつもと違う吊り方をしてみた。こうするとテーパード具合がよくわかる。少し誇張されてる気もするけど。

腰にだいぶヒゲがついていることはわかっていたけど、膝周辺についた放射状の色落ちは想像以上だった。

 

後ろから

ユニクロセルビッジジーンズ初洗濯後バック

尻の色落ちが思っていたほど進んでいなくて安心した。

それよりも膝裏の色落ちが激しい。

 

膝裏・ハチノス

ユニクロセルビッジジーンズ初洗濯後膝裏ハチノス

生地の柔らかさからして、これ以上つくことはないのではと思われるハチノス。

 

なんというか全体的に、手の込んだ出来のいい加工物って感じ。いや、このユニクロジーンズが悪いわけじゃなく、僕の穿き方に問題があるから仕方なし。

糊が落ちて本来の生地感が現れてきたことで感じたのは、やや薄くはあるけれど十分にいい生地なんじゃないか、ということ。

 

洗濯後の縮み

初の洗濯・乾燥を経たジーンズのサ イズ変化は以下のような感じ。素人採寸なので結構ガバガバ。

ウエスト:1%の縮み・未使用時と同じ
ワタリ:わずかに縮んだか?・未使用時と同じ
股下:縮みなし・未使用時測ってないので不明

 

股下やウエストは具体的な数字を書きたいところだが今回はなし。

このカテゴリの記事は2ちゃんねるからのお客さんが割と多くいらっしゃるので、彼らを余計に刺激することは避けたいのだ。僕の股下の長さを見て、興奮のあまり眠れぬ夜を過ごす人がいても僕は責任をもてない。

そもそも何センチ縮んだとかいうのも、元の長さによるんだから縮率の方が参考になると思う。といいつつ適当だけど。

 

ユニクロのセルビッジデニムは、確か購入時は、洗うと縮むから1サイズ上げて買ってくれという記載があったと思う。

けど、しっかり防縮されているためか、あまり脱水せず逆さ干ししたためか、あるいは生のまま長く穿いていたからか、全体的に縮みはほとんどなし。

 

もちろん、途中乾燥機をかけたり色々と小細工をしたので純粋なデータとは言えない。

 

 

洗濯後、穿いてみての印象

ユニクロセルビッジジーンズ初洗濯後フロント

一応上のとは別画像。穿きシワのでっぱりが消えたことでタイトに感じるのかな。

 

洗濯による縮みは、数値には表れてないけど実際に穿いてみると実感する。

まず感じたのが、こんなに細かったっけという印象。

穿き伸びは想像以上だったようで、僕のジーンズは記憶していたよりずっと細かった。

 

最初の記事で書いたけど、このジーンズは裾幅を修正している。

未だにテーパード至上主義にのめり込んでいる僕は、お直し当時膝下を限界まで絞っていたみたい。いや、そういう記憶はあったんだけど、それでも長く穿いていたことで忘れていたみたいだ。

 

まあ、わざわざユニクロのジーンズ直して穿いてるのも既製品でいいものが見つからなかったからなんだけどさ。

僕のジーンズ探しの苦悩は↓この記事で書いた。

【理想のジーンズを求めて】 ~綿100・濃紺・極細デニムパンツを試着レビュー~ - 如月トキヤの、世界に報いるニートの叫び

 

今後の予定と理想

せっかく夏にも穿けるくらいの比較的ライトオンスなジーンズなので、最終的には綺麗なブルーに仕上げたいと思っている。

元が安かったおかげで汗をかいたらテキトーに洗濯してしまえるし。

 

今回はアタリを付けるために洗濯まで相当長く期間をとったけど、次回以降はどんどん間隔を短くしていくつもり。

春のうちは濃紺を残したクリーンな色味をキープして、暖かくなるにつれて青味が強くなっていき、夏には薄くなっているのが理想だけど、果たしてうまくいくだろうか。